スピードレースにも対応!Hoka one oneの『HUAKA』を試してみた

以前RunPortでもこちらで取り上げた、厚底が特徴的なランニングシューズ『Hoka one one』。ウルトラマラソンやトレイルレースに出場すると、以前にも増して多くの愛用者を見かけるようになりました。

昨今はマラソン人気がウルトラマラソンにも及び、レースによっては期限前にエントリーが埋まる光景も。しかし距離が延びるほど苛酷さも高まり、また、怪我のリスクも上がってくるでしょう。そのうえでシューズ選びもまた、走る速度やコース、距離に応じて使い分けていくことが大切です。

写真 2014-11-22 16 21 38

ランナーが増えることで、シューズに対するニーズもまた多様化しています。Hoka one oneもまた同様に、以前ご紹介した頃と比べてシューズのバリエーションが格段に増えていました。そこで今回、「厚底はちょっと抵抗が」というランナーに向けて、従来よりソールの薄いHoka one one HUAKAをご紹介します。

■Bondiと比較してみる

もっとも有名なHokaシューズというと、以前ご紹介した『Bondi』が挙げられます。UTMF優勝者や100mileレースの最多優勝記録保持者が愛用するなど、まさにHoka人気の火付け役といえるシリーズです。これに対して軽量性を高め、フルマラソンなどスピードレースにも対応できるモデルとして開発されているのが、HUAKAです。その違いを、Bondiと比較してみましょう。

Bondi3 HUAKA
片足重量(26.5cm) 315g 239g
前足部 28.5mm 25mm
33mm 27mm
ドロップ(踵/つま先差) 4.5mm 5mm

約75gの軽量化は、実際に履いてみても「軽い」と感じられるレベルです。もちろん今は軽量シューズが各メーカーから数多く登場していますので、ランニングシューズ全体として見れば重い方に入るでしょう。代わりに、クッション性など他では得られない特徴がありますので、何を優先させるのかをよく考えて選ぶのがお勧めです。

実際にBondi(以前ご紹介したBindi2)とHUAKAを並べてみましたので、ソールの厚さの違いをご覧ください。

写真 2014-11-23 8 30 38

踵部分の差は6mmですが、ここまで大きく違います。踵から着地している方、あるいは下り坂などで踵を使って押し出すような走りをしている方は、脚に伝わる衝撃の違いを感じそうです。

写真 2014-11-23 8 31 00

HUAKAの方が、つま先部のソールが薄くなっているようです。そのためドロップはBondiの方が差が少ないものの、全体的にはHUAKAの方がフラットに近い印象です。最近はフォアフット、あるいはミッドフットによる着地で走るランナーが増えていますが、この辺りの違いは参考にしたいポイントといえるのではないでしょうか。

■実際に走ってみた

レースでは未使用ですが、実際にHUAKAでロードを走ってみました。脚へのフィット感は、軽量化されているだけありHUAKAが高い気がします。Bondiと比べて軽いので、これまで一般的なランニングシューズを履いていた方でも、比較的スムーズに履きなれることができそうです。

写真 2014-11-22 16 21 48

とはいえクッション性は高く、よほど崩れたフォームで走らない限りは脚への負担はとても少ないでしょう。スピードも7:00→4:00まで切り替えて走ってみましたが、問題ありません。むしろHUAKAはフルマラソンなど、スピードレースでも使ってみたいと思わせられます。自然なスピードアップが可能であり、シューズの重さに脚をもっていかれてしまうこともありません。

Bondiでは登り坂でやや厚底による走りづらさを感じましたが、ソールが薄いためHUAKAではそのような感覚がありません。ただし、どうしても脚に負担がかかりやすい下り坂では、Bondiほど安心感はないでしょう。もちろんHUAKAも衝撃の吸収性には優れていますが、そこはソールの厚さに比例するのだと思われます。

写真 2014-11-23 8 28 40

ちなみにシューレーズが紐ではなくQuick Lace systemになっているため、調節も容易でした。超長距離レースではレース中に脚がむくんでしまうこともありますが、そういうときには便利そうです。もちろん紐に替えることもできるので、実際に使ってみて決めると良いのではないでしょうか。

シューズ選びは、ランニングでとても大切です。足幅や走り方、使用レースの距離・コースなどに合ったシューズを履かないと、痛みや怪我の原因になりかねません。今回ご紹介したHoka one oneのHUAKAは、初めて厚底シューズを試してみたい、あるいはある程度スピードを出すレースでも使いたいという方にお勧めといえるでしょう。

今回私は東京都千代田区にある『Run boys!Run girls!』さんで実際にサイズ合わせを行い、特徴について説明を受けながらHUAKA選びを行いました。Hokaに限ったことではありませんが、シューズはやはり実際に履き、できることなら少し走ったうえで購入するのがお勧めです。