プレカットされた『KT TAPE Pro』の使いやすさは?

ランニングをする際に、サポーターを使用するという方は少なくないでしょう。あるいは、機能性の高いアンダーウェアを着るという方もいずはずです。これらの使用目的は、次のようなものではないでしょうか。

  • 脚が痛むのを抑えたい
  • 疲労を軽減したい
  • 楽に走り続けたい
  • 怪我を予防したい

同じような目的で、もう1つアスリートに多く愛用されているアイテムがあります。それが、テーピングです。

テーピングはサポーターやアンダーウェアとは異なり、使い捨てになります。特にスポーツにおいては、固定用テーピングではなく、伸縮性のあるキネシオロジーテープを利用するでしょう。ドラッグストアやスポーツ用品店などで購入することができ、学生アスリートから市民ランナーまで大勢の愛用者がいます。

キネシオロジーテープと一言で言っても、実はいろいろな製品があるのをご存知でしょうか。今回はその中から、『KT TAPE Pro』をご紹介したいと思います。(製品の公式サイトはこちら

■“切る”手間がない!

キネシオロジーテープ

テーピングの多くは、トイレットペーパーのように1本のロール型で売られています。そのメリットは、自由な長さにカットできる点でしょう。しかし、実際にはこの“切る”という作業を煩わしく感じている方も多いはずです。テープの粘着部分がハサミにくっついて、丸まってしまった・・・なんていう経験をお持ちの方もいるのではないでしょうか。

KT TAPE Proの大きな特徴は、最初からカットされたプレカットタイプという点です。

KT TAPE Pro

25cm毎に、写真のような切れ目が入っています。この切れ目はハサミを使用する必要がなく、手で簡単に切ることができます。

「25cmって、どうなの?」

という疑問が聞こえてきそうですが、脚や方、背中など使用シーンの多い場所にとっては、必要十分な長さではないかと思います。ただし、お子さんなど身体の小さな方の場合には、少し長いかもしれません。

ここで1つお勧めポイントを見つけました。それは、ただプレカットなだけでなく、1枚ずつ全て“角が丸い”という点です。

先に挙げたようなロール型のキネシオロジーテープを使用したことのある方であればお分かりになると思いますが、ハサミで直線に切ったテープを使用すると、尖った角からすぐに剥がれてしまうのです。もちろん、粘着性が強いため全てがそこから剥がれることは稀ですが、ピラピラして邪魔になることも多いでしょう。あるいは、走っている際にどこかへ剥がれた部分が引っかかり、そのままベリベリと剥がれてしまう可能性もあります。

■豊富なカラーバリエーション

キネシオロジーテープは、これまで肌色の製品がほとんどでした。これは恐らく、“目立たせないように”という主旨からでしょう。しかし昨今では、このキネシオロジーテープもカラフルになってきました。女性ランナーなど、ファッション性を求める方が増えたからでしょうか。

KT TAPE Pro

KT TAPE Proも、カラーバリエーションが豊富です。今のところ、下記8つのカラーが用意されていましたよ。

  • ジェットブラック(写真左)
  • ブレイズオレンジ(写真右)
  • レーザーブルー
  • ウィンナーグリーン
  • ステルスベージュ
  • ソーラーイエロー
  • ヒーローピンク
  • エピックパープル

どれも、個性的な名前です。しかし、それぞれの色が個性的で鮮やか。これまでのキネシオロジーテープとは正反対に、まさに“魅せる”カラーといえるでしょう。身に付けるウェアやチームカラーなどに合わせ、コーディネートすると素敵です。

ちなみに、ここでも1つポイントがあります。写真を見て頂くと、丸いケースに入っているのが分かるでしょう。遠征などで持ち歩く際に、これが意外と重宝します。カバンの中で剥がれてしまったり、折れてしまったりする心配もありません。

■違和感なく筋肉をサポート

キネシオロジーテープとは、スポーツ医学等に基づいて開発された伸縮性のあるテーピングテープです。筋肉の動きをサポートすることで、競技パフォーマンスの向上にも適するとされています。KT TAPE Proについても、その機能性は同様です。

KT TAPE Pro

素材は柔らかく、装着感も優しいように思えました。また、他製品と比べて伸縮性があるようで、テーピングの自由度も高そうです。部位や目的に合わせて、伸ばし具合を調整すると良いでしょう。貼り方については製品内に説明書があり、公式ホームページでも詳しく解説されています。

合成繊維マイクロファイバーを使用しているとのことで、強度や速乾性に優れているようです。実際にウルトラマラソンでも使用してみましたが、最後まで剥がれませんでした。使用後はそのまま剥がすと少し痛いので、シャワーを当てながら剥がすのがお勧めです。

これまでキネシオロジーテープを使用した経験のない方でも、簡単に使用できる製品だと思います。装着感などは製品によって若干ことなりますので、トレーニングシーズンで試してみるのも良いでしょう。