• Home »
  • 未分類 »
  • コラム:初フルでサブ4.5へ!センチュリーラン笠間2014、無事完走!

コラム:初フルでサブ4.5へ!センチュリーラン笠間2014、無事完走!

こんにちは!

秋らしいお天気の中、スポーツに力が入っている貫洞です!

とは言っても、ロードバイクの大会に参加したり、ちょっとした移動は歩いたりといった少しの変化ですが。そろそろフルマラソン完走に向けてギアチェンジしていきたいところです。今回のコラムは、日曜に参加した「センチュリーラン笠間2014」の大会レポを書かせて頂きます。

■初のロードバイクレース!

9月7日に出走した、「センチュリーラン笠間2014」。この大会は、コースが面白いんです!申し込みの段階では、このように募集されていました。

A. フルセンチュリー 155km 筑波山一周と那珂川
B. ショートコース 93km 筑波山一周

このどちらかを選ぶのかな?と思っていたら、詳しい友達から

「どっちも料金同じだから、とりあえずフルで申し込んでおいて、当日ショートコースだけ走ってゴールでもOKだから!」

と言われたので、そのように申し込みました。

試走した段階でハッキリと理解できたのですが、このコースは笠間市街をを中心に、八の字型にコースが組まれています。そのため、参加者はまず全員「B.ショートコース93km」を走ります。スタート地点とゴール地点が同じなので、筑波山の周りをぐるっと一周回ってスタート地点に戻ってくることになります。ここで「ゴールします」と宣言すれば、「ショートコースの完走証」をもらってその場でゴールとなります。

そして、「A.フルセンチュリー155km」に参加したい場合は、93km走った後にゴールせず、チェックポイントのハンコを押してもらいます。ここから再度スタートを切り、残り62kmの山岳コースをぐるっと走ります。

この山岳コースは、かなりアップダウンがきついらしく、上っては下り、上っては下りのハードなコース。前半のショートコースはそこまでアップダウンが無いので、初心者の私も何とか走りきることができました。

■センチュリーラン笠間当日!

当日は、朝から雨でした。出走する時はどしゃぶりの雨。大会の風景動画がアップされていましたので、こちらからご覧ください↓

DNS(棄権)する方も多かったらしく、600人くらい参加者がいるはずなのですが、開会式の段階で明らかに少なかったです。私も、

「どしゃぶりだったらDNSしよう」

と考えていたのですが、スタート地点に立った瞬間、周りの方々の雨に負けない明るい笑顔を見ていたら良い意味で空気にのまれて、そのまま出走することにしました!(無謀!)

走り始めてみると、雨はいろいろな意味で味方にもなってくれました。

まず、暑さを感じずに走れたこと。そして花粉症の症状が出なかったこと。雨に意識が集中しているためか、集中力を切らさずに走りぬくことが出来たこと。

ただ、ものすごく寒かったです。

スタート地点ですでにどしゃぶり、下着から靴の中までぐっしょり。一度雨がやんで服が乾いたと思ったらまたどしゃ降り。これが3回くらい繰り返されて、出走から3時間後、ようやく雨はやみました。

このレースで分かったのですが、私は雨より猛暑の方がダメです。猛暑の時は100kmに挑戦しても途中で力尽きていましたが、今回の雨レースでは、最後まで気持ちを切らすことなく完走することができました。何が功を奏するか、本当にわからないですね…

完走証

改めて、今回の完走証です!生まれて初めての自転車の大会で、完走することができて本当にうれしいです!

観光大使さんテンションが上がり過ぎて、笠間観光大使の方とお写真まで撮って頂きました(掲載許可を頂いております)。

さて、この大会は茨城が地元の友達に誘ってもらってエントリーしたのですが、友達は私よりずっと速いので、
前半55kmはほとんど前を牽いてもらいました。彼女のおかげで、前半のペースを上げられました。

そこから先は、お互い一人旅で走りました。私は周りの参加者の方と交流しつつ、励ましあいながらゴール!そして友達は、女性で唯一のフルセンチュリー完走を果たし、彼女がゴールした時は自然と拍手が起こりました!

前半私を牽いていたからタイムロスもあったと思いますが、それでも見事に155kmを走りきって戻ってきました!

いろんな方とお話もできましたし、とにかくアットホームで楽しい大会でした!

エイドステーションは水とバナナがありました。面白かったのは「勝手にエイド」と称して、市民の方が補給を用意して応援してくれていたこと!地元密着型の大会の良いところですね。

本来、いろんなお写真を用意して載せたかったのですが、何せどしゃぶりの雨でしたので…携帯もカメラも置いていきました。開会式と完走した後の写真しかなくてすみません。。

でも、とっても良い大会です。初めてでも、一人でも、きっとあたたかい気持ちになれる、そんな大会です。ショートコースの方は、クロスバイクで参加している方もいました。途中のコンビニなどで会った時に励ましあったり、追い抜く時、抜かれる時に声をかけあったり、ゴールしてからも、おめでとう、お疲れさまの声が飛び交う素敵な大会でした!

来年も参加して、今度は5時間以内での完走を目指そうと思います。

■トレーニング報告

センチュリーランさて、そんな先週のトレーニング報告です!

【9月4日(木)】
お休み

【9月5日(金)】
お休み

【9月6日(土)】
お休み

【9月7日(日)】
ロードバイク 93km
※センチュリーラン笠間(ハーフセンチュリー完走)

開会式【9月8日(月)】
お休み

【9月9日(火)】
ラン 5km

【9月10日(水)】
お休み

ふと気づいたのですが、今回のセンチュリーラン笠間では、ロードバイクで5時間半走りました。これって…フルマラソン完走にかかる時間に近いですよね?

ロードバイクに乗り始めてから、5〜6時間運動を続けるという事ができるようになりました。なんとなくですが、フルマラソンに対する恐怖心が薄れてきています。6時間近く運動を続ける精神力と集中力はかなり鍛えられている気がします。

あとはマラソンで使う足を鍛えること。

少し速く走る為に、心肺を鍛えること。

この2つに絞ってトレーニングします。

最後に余談ですが、今回の大会では55kmを過ぎたあたりから、体がきつくなってきて気持ちが負けそうになりました。そこから先およそ2時間半は、「完走した自分の姿」だけをイメージし続けました。

最後の5kmなんて足は攣るし、一漕ぎするのも苦しいくらいだったのですが、完走のイメージだけで走りきりました。この大会から、何か大切なものを教わった気がします。

「今がどんなに苦しくても、ゴールを思い描くことさえできれば大丈夫!前に進める!」

では、またお会いしましょう!