• Home »
  • 未分類 »
  • コラム:サブ4.5チャレンジ!第10回戸田・彩湖フルマラソン&ウルトラマラソン(後編)

コラム:サブ4.5チャレンジ!第10回戸田・彩湖フルマラソン&ウルトラマラソン(後編)

こんにちは、貫洞沙織です!

4月11日(土)、人生2回目のフルマラソンチャレンジがいよいよスタートしました!(前編はこちら

前編でご紹介した通り、とてもアットホームな大会。私の戦いが始まりました。「楽しく、真摯に」走ることを、いつも心がけています。

■3周走って気分はサイコー!

「彩湖、サイコー!」

と叫びたくなるほどの解放感!小規模な大会なだけにコースも広々と走れますし、周回コースと言っても、湖をぐるっと回るコースは自然たっぷりで飽きません。雨はずっと降っていましたが、もう『雨=アイシング』だと感じる前向きな気持ちです。帽子とウインドブレーカーで、上半身の冷えは充分カバーできました。

また、これは個人差があるかも知れませんが、周回コースの方が

「あと○周!」

という感じで、ペースを刻めるので走りやすいと感じました。往復で42kmの道のりを行って帰って来るより、5kmくらいのコースをぐるぐる走る方が気楽です。皇居ランやご近所ランも、大体5kmの周回コースを何周かする形で走っています。そのため、体が「5km」を覚えたのかもしれません。

4.6kmの周回コース×9周でサブ4.5をクリアするためには、1周を30分で走り続ければ良い計算になります。今回は“後半の失速”を避けるため、最初からゆっくりペースを刻んでいくことにしました。

  • 1周目:0:29:59
  • 2周目:1:00:20
  • 3周目:1:30:00(大体このくらい)

ここまでは、とても順調に刻んでいました。魅惑のエイドにもほぼ立ち寄らず、スポーツドリンクで給水のみ。

彩湖

彩湖は、景色がとっても綺麗です!

■4周目から6周目の葛藤、大会を楽しむ方向へ

順調なスタートから一転。4周目から、少しずつペースが落ち始めました。1周が33分、そして35分…少しずつ「サブ4.5」の目標から遠ざかってしまうことに焦りを感じました。

しかし、一度落ちたスピードがまた戻るとは思えません。以前にっしーさんのコラムに書いてあったように、

「前半から、もっと飛ばした方が良かったのかな…」

など、ちょっと後悔。前半、ペースを抑えすぎていたかもしれないと思いました。私の性質的に、力を抜きすぎてしまうんです。反省。

しかし、気持ちは全然暗くならなかったんです!

大会の持つ底抜けの明るさに救われ、4周目からはエイドにもしっかり立ち寄るようにしました。

すると、タイミング良くおにぎりが♪塩がしっかり効いたおにぎりを食べ、この周ばかりはスポーツドリンクではなくお茶を頂いて元気補給!あの雨の中、エイドを充実させてくれた皆様に感謝です。

さらに、バナナやグレープフルーツやメロンもありました♪メロンは瞬殺だったようで私は食べられませんでしたが、とてもおいしかったそうです(涙)

ゆるい坂

さて、彩湖のコースでは、周回の前半にゆるやかな上り坂と下り坂があります。ゆるい坂なので「気持ち」で登れる感じ。ちょっと楽しい坂でした。

この坂を下ったところにドリンクの給水があるのですが、こちらに、開会式前にお世話になったBROOKSさんがテントを張っておりまして。私が通るたびに

「おおー!がんばれー!」

と大きな声で応援してくれました。ここの給水はとにかく元気がよく、通るたびに

「がんばってくださーい!」

とたくさんのエールと一緒にドリンクを配ってくれました。通るだけで元気になるエイドです。

この頃から、自然に周りの方々と会話を交わす機会が増えました。

「猫がいたね」

「彩湖にカモメがいるんですね!」

などなど。袖振り合うも他生の縁と言いますか、カーブでぶつかりそうになってしまったのに、お互い笑顔で目が合って会話が始まることも。起点となる周回スタートのポイントでも、

「あと4周だね!がんばってー!」

なんて声をかけてもらい、元気をもらえました。

余談ですが、1周目からずっとある地点に立ち、スケッチブックに書いた言葉を掲げて応援してくださる方がいらっしゃいました。スケッチブックには・・・

  • 1周目「自分に負けるな」
  • 2周目「絶対に諦めるな」
  • 3周目「最後まで頑張って」

…のような言葉が続きましたが、ランナーがゴールし始める頃、

「よく頑張ったね!」

といきなり癒しスイッチが入り、スケッチブック一つでここまで人の心をつかむってすごいなと思いました。

■7周目から9周目、完走なるか?

さて、7周目に入った頃。距離で言うと32kmを過ぎとなり、少しずつ体が「歩きたい」と言ってきます。前回のフルでは25km地点でこの状態だったので、少しだけ頑張れる距離は伸びたものの…まだ10km残っています。しかもペースはすでに一周40分近くまで落ちており、

「サブ5がギリギリ狙えるか?」

という状況。

マラソンは正直なスポーツです。走った分だけ自分の力になるし、走らなかったら自分の体にダイレクトに返ってくる。私の練習は、元気に完走するための練習に過ぎないのであって、サブ4.5、つまり42.195kmをずっと走り続ける脚を作る練習にはなっていなかった…と体で理解しました。

ただ、この大会はすごく楽しい。タイムのことはさておき、

「この楽しい大会を完走したい!」

という別のモチベーションが湧いてきました。沿道で応援してくれる方も、結構長い時間居てくれています。朝から昼過ぎまで、ずっと彩湖のほとりでランナーを応援してくれているのです。

運営の方々もずっと一生懸命。参加者の安全を守るため、あるいは参加者を励ますために、朝からずっと頑張ってくれています。そして参加者みんなが楽しもうとしていことが伝わってきて、体はきついものの、気持ちは超元気という変な状態になりました。

やがて午後になると晴れ間が出始め、気温は暑いくらいに。しかし8周目、距離で言うと37km地点…とうとう走れなくなりました。足が終わってしまった感じです。でも前回と違って、

「“早歩き”なら全然いける!」

早歩きで足を回復させて、また走り出す。そして9周目、ここでまさかの「シチュー」登場(笑)

シチュー

「あと1周だから、補給に時間など使わずにゴール」

と思ってはいたのですが、やけに賑やかなエイド。何があるのかなと思ったら、たくさんのシチューが配られているではありませんか!

…思わず受け取ってしまいました。

お箸でゆっくり、野菜がたっぷり入ったシチューを味わいました。

シチューで元気をもらい、沿道の方とハイタッチして元気をもらい(ゆるい坂の手前、あそこで元気をもらった方は私だけではないはず!)。ラストスパート、何とか走ってゴールする体制に入りました。

最後の1周に関しては、正直本当に長かったし、つらかったです。足も背中も、腹筋まで痛かった。そしてやっと…

完走証ゴール!!!!!

へとへとに疲れました。

タイムは5時間24分18秒。初フルから21分、縮めることができました。ゴールしてしばらく芝生の上でストレッチをしていましたが、前回ほどは体が痛くありません。

戸田・彩湖フルマラソン&ウルトラマラソンに関わっていたすべての方に、ありがとうの気持ちです。来年もきっと出ます。靴のセールとシチューが目当てで…じゃないですよ(笑)大会目当てです。雨の中、あれだけの明るい雰囲気で大会を盛り上げてくださって、本当に本当に楽しかったです。

今回の大会では、エアーサロンパスやゼリー飲料等のいわゆる「マラソン大会グッズ」はほとんど使いませんでした。ジェルを一つ飲んだだけ。本当に、体一つで走ったという感覚でした。肩の力が抜けて、素のままの自分で良いスタンスでの参加。当日のコンディション調整も良くできました。

タイムについては、日頃のトレーニング内容を考え直す良いきっかけになりました。今のままの練習ではダメだと痛感しています。

■これからのマラソン計画

今回は残念ながらサブ4.5の目標を達成できませんでしたが、自分に足りないものが分かりました。

  • ベースとなる走りが遅いこと(5:30/kmで走れるようになりたい)
  • 35kmを過ぎての失速(このあたりでも、6:30/kmで走りたいところ)
  • 「フルに慣れる」こと(体で距離を覚える、残りの距離に怯えないようにする、ぶっつけ本番はダメ)

まずは一週間程度の休養を取りますが、その後は『フルを最後まで失速せずに走り切る』ためのトレーニングを積みたいと思います。インターネットなどでも書かれていますが、日頃10kmくらいの走っている人なら、フルを完走することはできます。私が、まさにその状態です。

しかしサブ4.5などの記録を狙うには、トレーニングにもう少しシビアにならなければと痛感しています。近場で開催されるランニングスクールへの参加と、ランニングコースの追加(彩湖を練習コースにしようかと思っています)。そして、私自身の筋力増強が喫緊の課題です。もう少し筋肉をつけないと、ベースとなる走りの速度を上げられないと感じました。さぼっていたジム通いも、月2回でも良いので復活させたいところです。

■良かったところ♪

前回の初フルでは、翌日は階段の昇り降りがキツイくらい体がガチガチになりました。しかし今回は、フル完走の翌日から立ち仕事に復帰。問題なく動き回れました!駅の階段も少し痛みは感じるものの、昇り降りに支障無し。

今のところ、足の爪や足の裏に変なダメージも出ていません。前半抑えて走った分、体への負担は少なかったみたい。この調子なら回復は早そうです。

彩湖シンボル

さて、帰り道はすっかり晴れて、緑とお花であふれる「いつもの彩湖」に戻りました。

チューリップ

長くなりましたが、読んでいただきありがとうございました。『貫洞沙織のサブ4.5チャレンジ「完」』の日はもう少し先になりそうですが(涙)楽しみながら頑張っていきますので、これからもよろしくお願いいたします!

次回はフルマラソン後のケア、2015年参加予定レースをお伝えします。

では、またお会いしましょう!