コラム:目指せサブ4!九十九里トライアスロン完走報告

こんにちは!ようやく、レースのダメージが抜けた西田です。

今回は、前回に引き続き「九十九里トライアスロン」の話です。

■レース本番の朝

いよいよレース本番です。当日は朝6時過ぎに地元を出発し、会場へ向かいました。

体調は万全で、おにぎり2つにバナナ1本、水分もしっかり採りました。ここで採る食べ物が数時間後のエネルギーになるので、きちんと食べられたことでレースへのモチベーションも上がりました。

競技前説明会も受け、トランジションに

  • バイク
  • ヘルメット
  • グローブ
  • バイクシューズ
  • ランシューズ

などのセットも完了し、ウェットスーツに袖を通す。スイムのスタート地点まで歩きながら、股関節、肩周りのストレッチをして、程よく体をほぐしていきます。いよいよ、51.5kmのレースの始まりです。

IMG_535856596101451

■スイムパート

まずは、1.5kmのスイムから。とにもかくにも、このスイムを上がってしまえば、完走の確率がぐっと高くなると思っていました。

なにせスイムパートでは、過去に先輩方も痛い洗礼を浴びている部分。最初のバトルに巻き込まれないように、アウトコース側からスタートしました。泳いでいる最中は、とにかく冷静にリラックスすることを心がけていました。途中でたびたび脚を掴まれたり、後ろからのしかかられたりしましたが、そんな時は呼吸しやすい右側で余裕を持って大きく息継ぎをして、冷静さを取り戻すようにしていました。

そんなこんなしていたら、1.5kmはあっという間に終了!

感覚的に40分くらいかと思っていたら、なんと35分!速い!

我ながら速すぎてビックリしました。ウェットスーツの浮力、水の流れ、リラックスして泳げたことの3点が奏功したようです。

とはいえ、やはり多少の無理は出たようで・・・。ウェットスーツを脱ぐときに、右ふくらはぎが攣りそうになりました(笑)

すんでのところで抑えて、軽くストレッチをしながらバイクパートへ!

■バイクパート

バイクは40kmのほぼフラットなコース。有料動をを通行止めにしてコースにしていたので、道路はきちんと舗装されており、かつアップダウンのほとんどないコースだったので、非常に走りやすかったです。

といいつつも、先程攣りそうになった状態の足なので、ここは無理せず時速25km~30kmほどの速度で走行しようと決めていました。このあたりで後ろのウェーブのトップ選手たちにガンガンに抜かされていきます(^▽^;)

IMG_535737478969309

しかし、目標は完走であること。そして、ここで無理をしたら最後のランで挽回できるものも挽回できないかもしれない。そんな思いでここはぐっとこらえて、トランジットへ向けてひた走ります。

■ランパート

最後は10kmのランパートです。

バイクで脚を温存したこともあって、ランは快調に走れました。

前傾姿勢、腕の振り、フォアフットでの着地などを意識して走ると、なんとキロ5分前半のタイムで走れてしまいました。この疲労状態でありながらそのタイムで走れるというのは、我ながら驚くと共に普段の練習が身になっているという自信も生まれました。

ここまで来ると、完走は間違いなくなるのと同時に、タイムに関しても欲が出てきます(笑)

3時間切りは無理としても、3時間の一ケタ台は十分に狙えそうだったので、再度力を振り絞って走ります。

走ります・・・走ります・・・!

しかし、ゴールしません(^^;)

手元のGPS時計の距離だともう10kmは過ぎているのに、です。そうこうしているうちに3時間10分台に突入してしまいましたが、最後までモチベーションを落とすことなく・・・

IMG_535942561268918

ゴール!

初のトライアスロン、無事に完走しましたー!!!

■タイム結果

最終的に、タイムは以下の通りでした。

1411560728856【総合タイム・・・3時間11分30秒】

  • スイム・・・35分03秒
  • バイク・・・1時間42分01秒
  • ラン ・・・54分26秒

初めてのトライアスロンとしては、自分自身も納得と満足のいく結果でした。

トレーニングの成果がきちんと出せたことと、最初から最後まで冷静なレース展開をできたこと。これは、今後のレースに挑んでいく上での自信にも繋がったと思っています。

次にトライアスロンに出る時は、3時間切りを目標にして挑んでいくつもりです!

ようやくダメージも抜けて、再びトレーニングができるようになってきました。次のレースは10月19日の「ちばアクアラインマラソン2014」です!

そこまでにまたトレーニングを積み重ねて、いい結果を積み上げていこうと思っています。

それではまた!